2022年ベイスターズの歩み ベイスターズ

7/1 DeNA6-4ヤクルト 首位ヤクルトに打ち勝ちM点灯阻止! 打撃陣が上がってきたか!?

更新日:

2022年7月1日 ヤクルト
結果:横浜6-4ヤクルト
敢闘選手賞:ソト

「よっし、とりあえずカード頭をとったわ!
結乃がガッツポーズを見せる。
首位のヤクルトさんのM点灯を阻止しました!
理衣も万歳している。

とにかくカード頭を今永で勝たないと厳しい。
決して完全ではないにしろ、勝ち切ったのは大きい。

「2戦連続KOされていた今永が、この日も序盤で3失点してどうなるかと思ったけどね」
「なんとか7回途中まで投げてくれたもんね」
「最低限の仕事は果たしてくれたわね」
「阪神3連戦で中継ぎ陣が登板していただけに、7回まできてくれたのは大きいよね

この日、伊勢とエスコバーは恐らく登板回避だっただろう。
それだけに、今永に7回までは投げてもらい、8、9回を、クリスキー、山崎で、というのが望む展開。
そしてほぼその通りになってくれた。

「ピンチの火消しをした健二朗も、いきなり無死1、2塁にしちゃったクリスキーもそのあとは踏ん張ってくれたしね」
「まさに、皆で勝ち取った勝利です!」

「打線も、初回に佐野が先制HR!
「コンスタントに毎試合、ヒットを打ってくれるよね」
「そして2回は復調傾向のソトが2ランHR!
「これからガンガン打ってください!」

3点リードも、2回、3回と今永が打たれて同点にされてしまう。
嫌な空気が流れるところだが。

「追いつかれた直後に、ソトがまた勝ち越しタイムリー!
「取られたすぐ後に取り返したのが良かったね」
「5回にも大田がタイムリーを打ったんだけど、その裏に今永も打たれてすぐ1点差」
「さすがにヤクルトさんは強いよね・・・」

しかし6回以降はランナーを出すもなんとか踏ん張り、逃げ切った。

「まー、打線に関してはチャンスで併殺もあって、もうちょっと取れていればなー、てとこだったんだけど」
「そうすべてはうまくいかないでしょ」
「そうね、牧が相変わらずでこの試合もノーヒットなのが不安だけど」
「うーん、乗り越えてもらうしかないです」

それでも今は、牧以外の選手が比較的打ち出したのでカバーできている。
4月、5月は牧一人に頼っていた状態なので、ここは皆で牧の不振をカバーしたい。

「さあ、連勝してカード勝ち越し、ヤクルトの連続カード勝ち越しも止めたいところだけど」
「2戦目は濱口投手、うーん、頑張って信頼を取り戻してほしい」
「良い濱口だといいんだけど。相手がサイスニード、なぜか横浜が苦手にしているのよね!」
「今度こそ攻略してくれると信じて!」

マジック云々よりも、まずは5割目指して!

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



fam8インフィード広告2×4+5連

-2022年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-, , , , , , ,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。