2022年ベイスターズの歩み ベイスターズ

2022戦力外通告⑤ 髙城俊人:中途半端な起用で強肩強打の凄い奴になれなかった

更新日:

 

高城かー
結乃が悩まし気に言う。
「横浜に復帰したんだけどね」
理衣が寂しそうに言う。

トレードでオリックスにいって。
オリックスから解雇されて横浜に拾われて。
でも、また横浜からも戦力外通告を受けた。

「なんというか、DeNA初期の被害者でもあると思うんだけどね」
「というと?」
「高卒なのに、中途半端に一軍に帯同して、試合に出るわけでもない期間が長くて成長しきれなかった感じ
「一軍に帯同できるくらいの力があった、ってことなんだろうけれど・・・」

二軍でみっちり練習、試合に出るわけではない。
かといって一軍でも試合に沢山出るほどではない。
高卒の捕手というポジションで、これで成長すると思ったのか。

「まあ、当時も捕手が弱くて、高城でも一軍にいられる素地があったのがね」
「しかも一軍初スタメンの試合で結果を出しちゃったんだよね」
「打撃は駄目でも、守備という点ではある程度のモノはあったんでしょうね」
「怖いもの知らず的な部分もあったのかもね」

それが狂わせたか。
将来の正捕手誕生とファンを喜ばせたものの、中途半端な起用はその後も続き。
守備も打撃も中途半端になってしまった感じ。

人間性はね、いろんな人がいっているけれど」
「周囲の人から好かれているよね」
「だからこそ、オリックスで戦力外になったあと、横浜から声がかかったんだろうし」
「それは、高城選手の人柄的なところも見込んで、だよね」

おそらく球団としては、引退後もなんらかの形で球団に残って欲しいと考えたのではないだろうか。

「思い出すのはやはり日本シリーズ、濱口とバッテリーを組んだあの試合ね!
「なんと日本シリーズでホームラン、3打点の大活躍!
「あれはびっくりしたわよね」
「そういうのもあって、ファンからの印象も強いんだけどね」

とはいえ、成績を残せなかったのも事実。
特に打撃が弱すぎたのが致命的だった。

「去就についてはまだ出ていないけれど、絶対に活躍できる場があるはずよ!」
「球団関係の仕事に就いてくれると嬉しいけれど、まだ野球を続ける気もあるのかな?」
「2度の戦力外で、さすがにトライアウトでも獲得されないと思うから、続けるとなると独立リーグか」
「どちらにしても応援します! そしていずれは何らかの形で戻ってくれると嬉しいな

三浦の引退試合でもキャッチャーに指名された。
期待もされていたけれど、色々な要因もあって伸びきれなかった、球団としても育成しきれなかった。
それは残念だけど、目に見えないところでの貢献があったのも事実。

そういう人間性であれば、きっと次の場でも重宝されると信じたいですね。

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



fam8インフィード広告2×4+5連

-2022年ベイスターズの歩み, ベイスターズ

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。