2020年ベイスターズの歩み ベイスターズ

2020年振り返り #3 復活の青き韋駄天?これが本当の姿だ 梶谷 隆幸

更新日:

2020年振り返り #3 復活の青き韋駄天?これが本当の姿だ 梶谷 隆幸

「今回は! 梶谷よ!」
結乃が胸を張って言う。
「素晴らしい成績だったよね」
理衣が拍手しながら言う。

#3 梶谷 隆幸

出場試合 : 109
打数   : 433
打率   :.323
安打数  : 140
HR   :  19
打点   :  53
盗塁   :  13

「2020年は本当によく頑張ってくれたわよね!」
キャリアハイの成績、だもんね」
「最後まで首位打者、最多安打のタイトルも争ってね」
「全試合に出場出来れば最多安打はいけたかもだけどね」
「まあ、元気に試合に出続けるのも才能の一つだから、そういう意味では大島は凄いわよね」
「それでも大きな怪我、不調がなく一年間を過ごしてこの数字だもんね!」

身体能力は素晴らしいが、ムラも大きい。
だからこそ、打率3割で首位打者を争うなどとは想像していなかった。

「一番打者として四球も選ぶようになって、球数も稼ぎ、大きいのも打てる。素晴らしいわね」
「技術的な向上が大きいって本人も言っていたよね。反対方向に打てるようになったって」
「それで出塁率もあがり、出塁率もリーグ5位、得点数はリーグ1位だからね!」
「首位打者、最多安打じゃなくても、誇らしいよね」

試合数は少なくても、ほぼフルで出場していた2014、15、17年より安打数や塁打数は上回っていたりするのだ、それだけ確実性は増しながら、長打率も5割を超過している。
本当に、進化し、保有していたポテンシャルを発揮した一年だったといえよう。

「本当は盗塁をもっと、最低20以上、できれば30以上はして欲しいところだけれど」
「シーズン序盤、失敗が目立ったかもね」
「ベテランの域に入ってきたとはいえ、まだ老け込む年齢じゃないからね!」
「パリーグに負けず、ガンガン走りまくって欲しいね!」

「ということで2020年は文句なし、90点 ね!」
「減点理由は?」
「まあ、満点つけると上がり目がないってなっちゃうし、盗塁とか、背中の張りとかね」
「2021年がどうなるか楽しみだよね!」

問題は、FAで残るかどうか、というところだろう。

「ここはもう、信じるしかないけれど、こればっかりは本人が獲得した権利だからね」
「残って欲しい!」
神里や細川がいるとはいえ、抜けたらダメージはある。
苦しい思いもしただろうが、横浜に残って欲しいと思う。

「もちろん、2年続けて同じような成績を残せるか、という不安はあるけれど、少なくともホームラン、盗塁は同じかそれ以上は期待できるはず」
「結婚して、コンディション管理もよくなったしね」
「まあ、夏場の課題があるとはいえ、少し休みを入れながら出ればそこはいけるでしょう。あとは打率、出塁率だけど、打率は落ちても出塁率を同程度キープしてくれればね」
「梶谷選手は出塁して、走ってこそだもんね」
「三浦監督を胴上げしようぜ、カジ!」

優勝したいという気持ちも分かる。

願わくは、横浜に残って、自分がチームを引っ張って優勝、という形になってくれたら最高だ。

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



fam8インフィード広告2×4+5連

-2020年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。