2022年ベイスターズの歩み ベイスターズ

9/10 DeNA7-0阪神 石田6回無失点で連勝!ヤクルトへの挑戦権をかけての2連戦に向かう

更新日:

2022年9月10日 阪神
結果:横浜7-0阪神
敢闘選手賞:石田、桑原

「よし、連勝で横浜スタジアムの阪神戦締め!
結乃が拳を握りしめる。
「これで9連戦、なんとか3勝2敗に持ち込みました!」
理衣も手を叩く。

ヤクルトのマジック再点灯阻止。
何より挑戦権を得るためには勝つしかない試合。
相手はプロ2戦目のルーキー森木ということもあり、勝っておきたい試合。

「打線がきっちり森木を攻略!」
初回に牧選手のタイムリーで先制できたのが大きかったね」
「牧がここにきて調子を取り戻してきているのが大きいわね」
「これで優位に進められました!」

それでも、まだ1点。
次の得点が重要というところで、3回に中押し点。

「無死1、2塁から2死になったけれど、このところ不調の宮崎を故意四球してくれたのはありがたかったわね」
「次の楠本選手が見事に2点2ベース!
「楠本もここにきて調子があがってきたのがいいわね」
「この日は四球も2つ選んでます!」

更に阪神の守備エラーもあり、2点を追加。

「8回の追加点も、エラーがあってこそだったしね」
「でも、そこをちゃんとつけこんで桑原選手のタイムリーだったからね」
「初戦も2戦目も、守りよね」
「こちらは森選手の好守備、桑原選手もあいかわらずだしね」
「森のあの肩をみると、打撃がイマイチでも起用したくなるわよね」
「打撃は練習して向上してほしいね!」

「投げては石田が6回無失点。阪神には相性が良いわね」
「四球を出して苦労したところもあったけれど、6回を投げ切ってくれて助かります!」
「この展開で入江とエスコバーを出さないといけないのが、なんともだけどね」
「この辺を投げられる投手がいるとねー」

最後は7点差もついて中川だけど、中川も2人、走者を出して不安定。

「さあ、連勝してヤクルト戦。大貫と今永で挑むわね
「前回は3タテされて跳ね返されたもんね」
「果たして今回はどうか。もしかしてオースティンスタメンあるんじゃないかと思うのよね
「守備練習していたもんね」

そうなると、ソトはやはり外した形か。

1.桑原(センター)
2.楠本(レフト)
3.佐野(ファースト)
4.牧(セカンド)
5.オースティン(ライト)
6.宮崎(サード)
7.嶺井(キャッチャー)
8.森(ショート)
9.大貫(ピッチャー)

「みたいな感じ? 守備を考えると、オースティンとソトの同時スタメンはどうかって気もするしね」
「でも宮崎選手の状態が心配だね」
「とはいえ、かわりのサードもいないし」
「なんとか頑張ってもらいたい!」
「まあでも、国産打線で阪神戦に連勝したし、変えずにいくかもだけどね
「当日、どうなるか、だね」

阪神とヤクルトでは投手陣の強さも異なるし、打線の強さも異なる。
その辺を踏まえて、どのようなメンバーでいくか。

いずれにしても初戦。
まず、この試合しかない、という気合で戦ってほしい!

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



fam8インフィード広告2×4+5連

-2022年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-, , , ,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。