2022年ベイスターズの歩み ベイスターズ

2022年振り返り #3 横浜に復帰の年!渋い活躍と悔しさと 藤田 一也

更新日:

2022年振り返り #3 横浜に復帰の年!渋い活躍と悔しさと 藤田 一也

「今季からベイスターズに復帰した藤田ね」
結乃が重々しく頷きながら言う。
「本当に、まさか、だったね!」
理衣も嬉しそうに言う。

その復帰シーズンの成績は以下の通りである。

#3 藤田 一也

出場試合 :  33
打数   :  36
打率   :.250
出塁率  :.325
安打数  :   9
HR   :   0
打点   :   5
得点   :   1
盗塁   :   0
OPS  :.575

「藤田というとどうしてもCSの最後の打席が印象強くなっちゃうけれど」
「でも、あれもそれまでの結果と、その日の状態があってこその選択だったわけでね」
「それにシーズンとは別だからね、CSは。ということでシーズンは」
「主に代打としての出場だったね」

決して凄い成績というわけではない。
それでも一時期、代打として活躍してくれていたこともある。

「もともと、バリバリ主力として期待したわけじゃないけどね。うーん、50点くらい?」
「なんとも評価が難しいところでもある?」
「そうねえ。使いどころとしてが難しいのよね
「それこそCSのときみたいに。。。」

長打があるわけではない。
足が速いわけでもない。
となると内野ゴロの可能性が高くなるのも事実なわけで。

「守備と、しぶとい打撃、そして若手への影響、というところ。更にいえばこの先のコーチや監督も見据えてのところもあったでしょうしね
「まあ、そこはまた別の評価になるね」
「一軍で戦力になったのも確か。一方で、藤田を脅かす選手がいないってのも寂しい話よね」
「それこそ、内野の層の薄さの話だね」

トレードされた伊藤、戦力外の倉本、山下、田部。
田中、知野、粟飯原、小深田。
誰も藤田を押しのけられなかったというのは、寂しいことでもある。

「本人としても悔しくてたまらないでしょうし、不完全燃焼でしょう。契約もするということで、来季にかける思いはさらに強いでしょう」
あの悔しさがあったから、と思えるような2023年シーズンにしたいね!
「もう今季、来季に引退でもおかしくないんだから、一年一年、本当にね!」
「是非、横浜で優勝を!」

2023、頼むぜ藤田!

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



fam8インフィード広告2×4+5連

-2022年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。