2020年ベイスターズの歩み ベイスターズ

7/3 DeNA5-4ヤクルト 今永粘って立ち上がり、三嶋が抑えて初戦に勝利!

投稿日:

2020年7月3日 ヤクルト戦
結果:横浜5-4クルト
敢闘選手賞:三嶋

 

■試合結果

「おおお、どうにか逃げ切ったわ!
試合を観終えて一声、結乃はそう言った。
「序盤はどうなるかと思ったけどね」
そういう理衣も安堵の表情。

今永だからやってくれるだろう。
そう思ったけれど、雨とは相性が悪いのか、序盤から苦しんだ。

「そもそも初回、梶谷、ソトの連打で無死1,2塁となったのに、そこで無得点になったのがダメよね!」
「あそこはなんとかしたかったねー」
しかしベテラン石川の前に、初対戦のオースティン、そして佐野は踊らされてしまい、無得点。

「するとその裏、コントロールの定まらない今永が四球で満塁にして先制タイムリーを打たれて
「うわーっ、て感じだったよね」
「3回もそうだけど、とにかく四球を出してランナーを返される悪循環!
「3回までで4安打で4点取られたもんね、効率よく」
「いかに四球が無駄か、よね」

果たしてこの後どうなるのかと思ったが。
「4回からは立ちなったのはさすがだったわね」
4回から6回は1安打で無四球!
「最初からそうして欲しかったけれど、悪いところから立ち直ったのでよしとしましょう」
「偉そう!」

「打線は、どうにかこうにか5点を取ったわね」
3回は打者一巡の猛攻で!
「まだ残塁とか多いし、後半はランナー出てもさっぱりだったから、雑な野球と言われても仕方ないわね」
「それでもみんな満遍なく打てているから」
「そうね、ただその中でやっぱりロペスの状態が悪いわよね」
この日もスタメン野手の中でノーヒットだった。

「でも守備もあるし、ベテランとしてまとめ役、絶対に必要だから!」
「それはもちろんよ。難しいのは、ロペスは出続けて状態を上げるタイプだと思うのよねー」
今だと、パットン、エスコバーとの兼ね合いで、出たりでなかったりになる。
致し方ないとはいえ、もどかしい。

効率が良いとは言えないけれど、カード頭を取った。
この勢いで勝ち越したい。

2戦目の予告先発は中川!
「抜擢だね」
「チャンスよ! とにかく頭から一人一人!」
「相手は小川投手と難敵だけどね」
「打線は援護を。やっぱり中盤以降よね」

果たして中川がどこまで粘れるか。
そこが重要なポイントだろう。

「巨人に離されないように!」
目指せ連勝!

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



fam8インフィード広告2×4+5連

-2020年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-, ,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。