2019年ベイスターズの歩み ベイスターズ

4/28 大台だぜ! 大和猛打賞もただ打つだけなら繋がらないのは当たり前

更新日:

2019年4月28日 巨人戦
結果:横浜2-7巨人
敢闘選手賞:大和

 

■試合結果

二桁の大台に乗ったわ!
拳をふりあげる結乃。
それくらいやらないと、やってられんこである。
10連敗、だねぇ」
「3戦目のどすこいを今の打線で打てるとも思えないから、11連敗いくかしらね?
「やめようよ、そういうこと言うの!」
心が折れそうな理衣であった。

「この試合は打順を弄って来たけれど、結局打つだけの打線だからなんも変わらないのよね」
1番に入った大和選手が3安打の猛打賞だったけれど」
その後、ただ打つだけだから、ヒットが続かない限り意味ないわよね。作戦もくそもないし」
「否定的なことばかり!?」
そうこうしているうちに相手に点を取られておしまい、である。

「ここにきて、ラミレス批判が凄くなってきているわね。まあ、監督なんて結果出なければ批判されるの仕方ないけれど」
「監督だけの責任じゃあないよね」
「もちろん、打線がこれだけ打てないの、打撃コーチはどうしているの、とかね」
田代コーチはやはり、一軍よりも二軍で育成の方が合っているのではないか、とか。

「あたしはラミレスをそこまで批判するつもりはないけれど、ただコーチや選手とうまくやれているのか不安ではあるわよね
なんだかんだいって人間、メンタル面が影響を及ぼす範囲は大きい。
この人と一緒だと頑張れる、逆にこの人とだと委縮してしまう、というのは実際の所かなりある。
「そうよ、仕事で一緒にチーム組む相手で、全然違ってくるんだから。下手するとメンタルやられて休職とかあるしね
「仕事? 結乃は学生だよねぇ・・・・?」
「そういう気持ちがわかるってことよ!」
おっと、ついぽろりとこぼれてしまったが、仕事をしている人なら分かるであろう。
そういった気持ち面が仕事の成果に大きく関係することも。

「やっぱり、ちゃんと考えて打席に立っているのかが分からんのよね」
「考えていても、結果が出てないのかも」
「もちろんそうだけど、さて困ったもんね」
ため息を吐きDす結乃。
さて、いつ連敗は止まるのか。

「よし、気分転換にまた打順を考えてみるわ!
「またぁ・・・・」
「これくらいしか楽しめること無いんだもの」

1.神里(中)
2.柴田(二)
3.ソト(三)
4.筒香(左)
5.ロペス(一)
6.佐野(右)
7.伊藤光(捕)
8.大和(遊)

「石川は一軍にいないから、いる人で考えてみたわ」
「まともな感じだね」
ソトが多少、マシになってきたんで、まあクリーンナップに置いて」
宮崎はお休みが良かろうと。

「あと、もうちょっと足を使えるラインナップで」

1.楠本(右)
2.柴田(二)
3.神里(中)
4.筒香(左)
5.ロペス(一)
6.ソト(三)
7.伊藤光(捕)
8.大和(遊)

神里は三振多いし、細かいこと出来ないし、でも意外とパンチ力あるから3番にしてみた! ソトと入れ替えて6番というのもありかもね」
まあ、神里を下位にはもっていかないだろうが。

とりあえず、打撃の調子の良い選手を使い、左右病はやめよう!

さあさあ、苦しい時こそ気合が入るってもんでしょう!
ラミレス政権でなかった大型連敗も、昔は当たり前のようにありましたからね!
折れるなよ、最近のファンの皆様方よ!

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-2019年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-, ,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。