2020年ベイスターズの歩み ベイスターズ ベイスターズ関連商品

2020オフィシャルイヤーマガジン!自粛の今こそ隅から隅まで目を通してみよう

更新日:

 

「遅まきながら、2020のオフィシャルイヤーマガジンを買ったわよ!」
結乃が冊子を掲げて高らかに言い放つ。
「もう4月になるもんね。今年はどんな内容かな?」
理衣も覗き込んでくる。



内容? 例年通りよ!
「そんな身もふたもないような!?」
「いや、そうそう毎年変化するものでもないでしょう・・・・?」
まあそうだが、時には大きな変化があっても面白いかもしれない。

■監督インタビュー
■主将インタビュー
■主力選手インタビュー・対談
■期待の若手インタビュー・対談
■選手、スタッフ紹介
■試合日程

「こんなところよね!」
「コンテンツはそう変わらなくても、内容は楽しみだけどね!」

年度が違えばチームが置かれた状況も、選手が置かれている状況も変わっている。
同じ選手のインタビューだとしても、昨年までと比べれば意識も、責任感も、置かれた立場や役割も異なっている。
だからこそ出てくる言葉というものもあるわけで。

「今年はカジのインタビューがあるわよ!
「今年にかける気合は違っただろうしね」

肩の手術をして、今までのような不安はかなり減って、レギュラー再奪取に燃えていた。
「それだけに、開幕延期ってのがねぇ!」
結乃が嘆く通りである。

他のインタビューも、仕方ないとはいえコロナで状況が変わってしまっているのがなんともだ。
まあ、選手にも、編集者にも、罪はないが。

「あとは、ユッキーとカミチャの対談が面白かったわね!
「同期で同年齢、大学時代にはリーグ戦で対戦もしていて、話しやすいんだろうね」
「投打の主力にこれから育ってもらわないと困る二人だからね、これからもお互い刺激し合って欲しいわね!」

上茶谷には右腕のエースを目指して。
伊藤には将来のクリーンナップとして。

「ということで、コロナで自粛が求められている今こそ! じっくりと読むのが良いわよ!」
「全選手のデータとかね!」
「あ、でも成績が19年と通算のものしかなくなったのはイマイチね! 年度ごとのがみたかったのに!」

その分、記事の文字数を増やしたということか。

いずれにしても、ファンなら一読して損はないだろう。

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



fam8インフィード広告2×4+5連

-2020年ベイスターズの歩み, ベイスターズ, ベイスターズ関連商品

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。