2020年ベイスターズの歩み ベイスターズ

7/21 DeNA4-6ヤクルト バントも盗塁もしたけれど。6連敗。

更新日:

 

2020年7月21日 ヤクルト戦
結果:横浜4-6ヤクルト
敢闘選手賞:梶谷

 

■試合結果

「まー、もう負けても驚かないけどね
結乃が言う。
力はない。
6連敗だね」
理衣も肩を落とす。

「まあ、ピープルズ先発の時点で期待はしていなかったけれど、原なら打てるかと思ったのよね」
初回に3点取ったまではいいんだけどね」
「それだけね。まあ3点取ったのでそれなりかもだけど、その後はさっぱり」
「ううっ、どうすれば」」

梶谷が先頭打者弾。
柴田の2点タイムリー。
ここまではよかったのだが。

「打順の並びが悪いんじゃない? 得点圏打率の低いロペス、佐野が3,4番だもん。ポイントゲッターのソトが2番で、どう点を取れと?(この試合は冷えていたが)」
「苦しんでいるよね」
佐野がランナーがいる時にさっぱり打てない。
この試合でも、初回、2回と凡退。
ランナーのいない7回、9回で出塁。

「佐野を4番に拘る必要ないんじゃない? 成績的には頑張っているけれど、宮崎も落ちているし、今の3,4,5番はランナーいる時に期待できないもん」
「酷い言いようだ!」
「でも事実でしょ?」
結果が出ていない。
得点もできていない。

「あとはやっぱり、チームが崩壊していないかよね。そうなるともう、やる気も出ないわよね」
「やめてーっ」
「強打者2番は、もう少し足の使える選手じゃない?」

梶谷
柴田
ソト
佐野
宮崎
ロペス
大和
戸柱
投手

「こんなんでどう?」
「ノーマルな感じだね」
これでいきましょう!
「いや、監督じゃないし」
「本当は梶谷を2番か3番に入れたいのよねー」

しかしこの試合では、バントもしたし盗塁もした。
さすがにラミレスも少し考えを変えたのか?
投手が打たれはしたが、少しは野球も変わって来たのかもしれない。

ホームハマスタで観客が入ってから全敗とかシャレにならないわよ。いい加減に勝て!」

頼みます。
濱口-高城バッテリー。

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



fam8インフィード広告2×4+5連

-2020年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-, ,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。