2020年ベイスターズの歩み ベイスターズ

7/22 DeNA5-5ヤクルト 勝ち越されず康晃が踏ん張ったと前を向く引き分けと思おう

投稿日:

2020年7月22日 ヤクルト戦
結果:横浜5-5ヤクルト
敢闘選手賞:大和

 

■試合結果

「とりあえず、負けはしなかったわね」
結乃は微妙な表情でいう。
「うーん、良かったような悪かったような」
理衣もなんともいえない感じである。

「良くはないわよ、先制して、追いつかれたけれどまたリードして、でも勝てなかったわけだし」
打線はどうにか5点を取った。
それでも先発の濱口がピリッとせずに5失点。
連敗脱出はお預けである。

「いい感じだったんだけどね。初回、ロペス選手、佐野選手の連続HRで先制!
「まあ・・・・ね」
浮かない感じである。
高城選手にも通算2号のHRが出て、追いつかれた後にも大和選手の勝ち越しタイムリー!
「そうなのよねぇ」
やはり浮かない感じ。

HR3本打ったけれど、ソロ3発だから3点なのよね」
「うう、それを言っちゃあ」
「結局さ、ランナーいる時に打てないクリーンナップってねぇ」
ため息。

ロペスも佐野も宮崎も、打ったのはランナーがいないとき。(佐野は1回打ったけど)
得点圏で打ったのは大和だけである。

「この勝負弱さよ。だから12安打で5点!」
「す、少しずつ上向いてきたということで」
「そうだけど、今の状態で、ソト2番、佐野4番で点が入るとは思えないんだけど」
「むむむ」
得点圏で弱いロペス、佐野。
宮崎もこのところ得点圏では殆ど打てていない。

「まあ今日の場合、1,2番が5タコだったから点も入らんでしょうけどね」
梶谷も調子が落ちてきて、ソトも冷えてきている。
ちょいと辛い。

最大のチャンスは6回だったんだけどね」
「いい攻撃の形を作ったけどね」
先頭の宮崎が出塁。
柴田が送りバント(!)
大和がレフト前ヒット。打球を見てのスタートなのでさすがにホームに帰れず1,3塁。
打順は高城、そして投手の国吉。

「ここは難しいところよね。高城の打撃はアテにならないけど、この日、ホームラン打っているからね」
「ホームラン打っている打者に代打、っていうのもね」
「だから、ここはどっちが正解とも難しいところだから、高城でそのままいって三振はまあ・・・・だけど!」
くわっ! と目を見開く。
「次に代打桑原? いやいや、ここで中井でしょ!?

右の代打の序列は明らかに 中井>桑原 だろう。

案の定、桑原は三振。このところの打撃内容の酷さから想像はついたけれど」
「中井選手はその後、二死ランナーなしで代打だったもんね」
結果論ではあるが、高城のところで代打・中井で勝負でもよかったかもしれない。
「まあ、それもこれも右の代打が貧弱すぎるせいだけどね!」

とはいえ、5点をとってリードしたのだから勝ちたかったが。
「濱口ねぇ。1-4回まで毎回先頭打者を出して、そりゃ点を取られるわよね」
「この試合は粘れなかったね」
「それでも、その後の投手陣が点を取られなかったのは良かったけれど。特に康晃」
「踏ん張ったね!」

9回表。
1死満塁となったときは、多くの人が「また駄目か」と思ったことだろう。
そこから踏ん張って無失点で凌いだのは、内容はどうあれ大きなことかもしれない。
これでその裏にサヨナラ勝ちできたらかなり違ったのだろうが、そうは上手くいかないものである。

「ヤクルトの救援、いつの間にこんなに良くなったのかしらね。さすが投手出身監督、なのかしら?」
8-10回は3者凡退に抑えられた。

「負けるという最悪の事態は避け、9回表の大ピンチも凌いだ。なんとかこれで変わってくれればね」
「3戦目、連敗ストップに期待! 先発はこの前好投した大貫投手!
「粘り強く、低めにね!」
「打線も援護を!」
「昨年、大貫の時は不思議と援護が多かったからね、そういうのにも期待したいわ」

残りの4戦、連勝すればハマスタ9戦も4勝4敗1引き分けで終えられる。
頑張ろう!

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-2020年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-, , , , , ,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。