2020年ベイスターズの歩み ベイスターズ

7/28 DeNA2-4巨人 あと一本が出ず、またまた巨人に敗戦

投稿日:

2020年7月28日 巨人戦
結果:横浜2-4巨人
敢闘選手賞:石田

 

■試合結果

どんだけ巨人に負けるのよ!
悔しそうに結乃が言う。
「うーん、これで対戦成績1勝6敗?
理衣も気まずそうに言う。
本当に、どんだけ負ければ気が済むのか。

「これはもう、巨人の犬と言われても仕方ないわね!」
「ま、また、そういうことを」
「だって事実だし!」
「うーん、厳しいね!」

「菅野相手だし厳しいのは分かっていたけれどさー。本当にね」
「それでも球数は投げさせて、7回で降板したんだけどね」
「相変わらず、ヒットはうってもタイムリーが出ない打線になったわね!」
「菅野投手が踏ん張ったというべきか」

得点圏で宮崎が二打席連続で凡退。
6回も、代打の神里が三振。
9回も、ソトが凡打。

「それに比べて巨人は8回、代走の増田が盗塁してタイムリー! こういう野球が横浜はできないのよね!」
「安打数はこちらの方が多いもんね」
9安打と6安打。
でも、2点と4点。

「このままじゃ、また3連敗して終わるわよ!
「いやいや、信じて応援しようよ!」
「信じたところで野球の質は変わらないからね」
「でも、それが横浜の野球だし」
「そうなのよねぇ、打つのを待つしかないわ。でも、投手にバントくらいさせなさいよ!
またしても言われるであろうことである。

「今日の試合見ると、ヒット打ったの梶谷、佐野、ロペス、柴田の4人だけなのよね。そりゃ点も入らないわ」
「特定の人だけが打っているんだね」
「線になっていないからね。あーもうっ! 次こそ!」
濱口投手に期待しましょう
「濱口かぁ。今期、イマイチだからね。とにかく制球が。いや、いつものことだけど」

相手は戸郷。
これまた難敵で苦しい戦いが続く。

「悔しい、このままじゃいられないし、絶対に勝ぁつ!
「そうそう、勝とう!」

頼みます、選手の皆さん。

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-2020年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。