2020年ベイスターズの歩み ベイスターズ

2020戦力外通告⑦ 石川雄洋

更新日:

 

「ということで、戦力外のラストは雄洋よ!」
力強く結乃が言う。
「石川さん、残念・・・・」
理衣もがっかりしている。

TBSの暗黒時代を象徴する選手と言われていた。
叩かれる代表だった。
それでも愚直に努力をし、練習を積み重ね、いつしかファンから愛されるようになっていた。
昔からのファンは、石川に色々なものを重ねてしまう。
だから、憎くもあり、愛すべき選手にもなった。

「正直に言えば、あたしだってかつては叩いたことがない、とは言わないわ」
「そうなんだ」
「まあ、あのショートの守備とか、色々とねえ」
「よく言われているよね」
「でも守備位置に関しては球団のせい、というのもあるわよね。地元出身のショートのスター選手を作りたい、そういう思いを背負わされているように感じたわ」

  • 高い上背
  • 格好良いスタイル
  • 顔も悪くない

そして

  • 横浜高校出身

球団が押そうとしたのも分からなくはない。

「ここ数年は一軍での出場も減っていて、ヤバい状況ではあったけれどね、とうとうか」
今シーズンは一度も一軍にあがらなかったね」
「オープン戦の時に一度、あげようとしていたはずなのよね。でも、コロナでなくなって、それきり」
「ペナントレースでも呼ばれなかったもんね」

確かに、二塁守備がお世辞にも上手なわけではなく、打撃能力がものすごく高いわけではない。
バントやエンドランができて走塁技術が高くても、それはラミレス監督の野球と合うわけでもない。
その辺も噛みあわなかった。

  • 外見によらず、泥臭いプレイスタイル
  • 努力と根性
  • 新加入の選手に声をかける気遣い

若い頃も見ているだけに、「あの石川がねぇ・・・・」と思うような感じもある。

「ベイスターズで終わって欲しかったけれど、それはこっちの勝手な思いだもんね」
「野球を続けたいというなら、最後まで頑張ってほしいよね」
「可能性が低くても、そこで諦めて何もしなかったらゼロだからね」
「どこかのチームでまた戦えると良いんだけど」

思い出す、

  • ゴロ捌きの下手さ
  • フライ処理が上手いゆえの深追い
  • 気迫のヘッドスライディング
  • 東京ドームでの10連敗を止める勝ち越しHR
  • 1000本安打
  • 球場で配られる冊子に書かれている、茶目っ気のあるコメント

とにかく、何かと記憶に残る。

どんなポーズをしても決めポーズになっちゃう”とか、自分で言っちゃうのが凄いわよね」
「でも、それがあながち冗談でもない格好良さがあるよね」
「優勝できなかったのが悔しいわぁ」

あの、悲惨とも言える暗黒時代を過ごした最後の戦士。
優勝という美酒を味わってもらいたかった。

「雄洋、諦めないでね!」
「本当に、本当に!」

 

栄冠掴むその日まで 恐れず飛び込めベースへ
君の熱き血潮で 燃えろ 雄洋

 

まだ、栄冠はつかめていない。

諦めず、その日まで。

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-2020年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。