2021年ベイスターズの歩み ベイスターズ

リーグ戦に戻った途端に情けない試合ばかりが続く。未来への希望が欲しい

更新日:

 

「あーもー、交流戦終わったらまたイライラする日々!
頭をかきむしりながら結乃が言う。
「交流戦で流れが変わったと思ったのにね」
理衣も元気なく言う。

せっかく交流戦で勝ち越したのに、リーグ戦に戻ったら1勝4敗。
もしかしたらパリーグ野球の方があうのだろうか?

「もはや投壊はどうしようもないのかしらね」
「先発がすぐに降りちゃうときついよね」
「その時点で大きくビハインドってことだしね」
「打線も下降しちゃったしね」

下降したのか、単に巨人の投手を打てないだけなのか。
だが、伊藤光が故障でスタメン欠場、ソトも不調、チャンスではみな凡打と、見ていて全く面白くないことばかり。

「打線は水物だし相手投手の出来がよければ打てないし、そもそも効率とは無縁のチームだし」
「となるとやはり投手陣の安定が鍵なんだけどね」
京山と中川が抹消されて、この二人の先発は当分なしね、当たり前だけど。坂本も消せばよかったのに」
「そうすると投げる人がいなくなっちゃうよ」
「だからって、まともに結果も残していないどころか、文句付けたくなる投球内容ばかりじゃ、落としたくなるわよ」

成長のあとがみえない投球を見せられると、いつまでチャンスを与えるのかとも思えてくるし。
この投手を起用し続けなければならないという悲しさにも襲われる。

「この後、大貫、上茶谷、阪口、そして有吉とかがあがってくるのかしらね。甲子園には大貫と阪口が合流したみたいね」
「本当に、誰か安定してほしいよね」
「今までの投球を見ると、今季はなんとか阪口がものになってくれればって感じね」
「初勝利もあげたし、粘り強くなげているよね」

こうなったら一人でいいから独り立ちしてほしい。
そこまでいかずとも、来季以降の飛躍を期待させる内容を見せて欲しい。

「それは野手も同じよ。若手の突き上げが牧一人って、ヤバいからね!
「DeNAになってから野手の育成が苦しんでいるもんね」

DeNA以降のドラフトで野手で主力に育ったのは宮崎くらいか。
他はみな、せいぜいが1.5軍くらいの中途半端。
いつの間にか年齢層もあがり、未来がヤバいと思えてしまう。

「なんてゆうか、今季は、コレ、っていうものがないのよ!」
「ふわっとしたこと言うねぇ」
「いやでも本当に! ファンに期待と希望を与えなさいよ!

頼みます。

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



fam8インフィード広告2×4+5連

-2021年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-, ,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。