2018年ベイスターズの歩み ベイスターズ

2018年2月24日 ベイスターズの試合結果(巨人戦)

投稿日:

■2018年2月24日 読売ジャイアンツvs横浜DeNAベイスターズ

 

「今日からオープン戦が始まるんでしょ?」
「そうだよ。ただテレビでもネットでも中継していないけど」
 妻の言葉に、神門順はPCサイトを巡回しつつ答える。
 いよいよオープン戦が始まった。
 もちろんオープン戦の成績が良ければペナントレースも上位になれるなどということはないが、それでも負けるよりは勝つ方が嬉しくなる。首位でなくとも、中位くらいには位置しておきたいところである。
 とはいえオープン戦序盤ではそれこそ勝敗は度外視、主力の調整の一環であり若手のアピールのためというのが大きい。
 オープン戦開幕投手は熊原健人、イケメンだけど言動がおかしな宇宙人キャラ、とても優しそうでキャンプの時の対応も良く、妻の夕もファンである。特にイケメンだから。
 素材型とはいえ今年でプロ三年目、そろそろ一軍戦力として先発ローテーションに定着してほしい期待の星である。練習試合ではあまり結果が芳しくなく、ここでまた悪い結果だと二軍に落とされてしまうのでは? と夕は心配している。
「ねえねえ、クマさんどう? 炎上していない?」
「今のところ0-0」
「凄いじゃん、どうしちゃったのクマさん」
 抑えていたら抑えていたで疑問を持つのだから、なんと言うべきか。0点には抑えているがYahooの一球速報だけで内容は分からないし、相手の巨人打線が単に昨年と変わらず貧打なだけなのかもしれない。それでも打たれるよりは遥かにマシである。
 もっとも、横浜の方も相手先発の中川投手を全く打てていないわけであるが。
 そうこうしているうちに熊原は五回無失点のまま交代し、次に登板したのはなんと櫻井投手。あの清宮選手を五打席連続三振に取り、将来を期待されている左腕ではあるもののまだ高校生である。オープン戦で登板させて来るとは思っていなかった。
 高卒ルーキー、皆で盛り上げていきたいところであるがそう簡単にはいかない、プロの洗礼というものが待っている。
「――って倉本、そういうプロの厳しさとかいらないから!」
 思わず一球速報が見せる表示に突っ込みを入れてしまう。たまたまかもしれないが、昨年もルーキー濱口のプロ初登板の試合で倉本は同じようにプロの洗礼を浴びせたのだ、それも確か二回に渡って。あれがなければ濱口ももしかしたら初登板で勝利を、いや初登板からそんなすんなりと勝つなんて、プロはそんな甘いもんじゃない、それを味方から教えてもらったと思えば。
「納得できるかっての、だから叩かれるんだぞおい!」
「え、なに、またクララがなんかやったの?」
「見てないのになんでそう思うんだっちゅーの」
 寝室にいる夕が順の言葉だけでエラー元を特定する荒技を発揮した。まあ、やらかしのトップバッターとして我が夫婦間では倉本の名前が上がっているのは間違いない。だが、決して嫌っているわけではない。ただ、頑張ってほしいのだ。
「倉本も慣れないセカンドだし、今日は公式戦じゃなくオープン戦だからマシか……」
 と、慰めにもならないことを自分に言い聞かせるが、櫻井君はよほど出来た子なのか味方の失策をものともせず無失点に抑えた。なんて将来が楽しみな子だろう。
 そんな櫻井君のために今度こそ味方が奮起したのか、直後の回で新外国人のソトが均衡を破るソロホームランを放ち、さらに次の回にはルーキーの楠本がオープン戦でルーキー一号のホームランを放つ。
「おおすげー、昨日のサヨナラホームランに続いて今日もホームラン打ったよ」
「え、何、なんとかモトくんが打ったの?」
「そうそう、背番号37の方」
「えーと、なんとかモトくんのうちの一人?」
「まだ分かっていないんかい!?」
 残念ながら夕はまだ楠本と宮本でどっちがどっちなのか見極め切れていないのだ。
 など言いつつその後、相手のミスもあって三点目を取得。
 投手陣もしっかり抑えてオープン戦の初戦は完勝、3-1での勝利である。
 ……ってあれ、なんで1点入っているんだ。

 おいおい、九回二死走者なしからホームラン打たれているって、国吉お前、今年は覚醒しないとヤバいってのに、なんでこう綺麗にお約束みたいなことしているの!?

 内容が良ければ一発くらいは仕方ないと思える部分もあるのだが、どうにも締まらないのが横浜らしいところであると感じるのだった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-2018年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-, ,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。