2018年ベイスターズの歩み ベイスターズ

10/6阪神戦 ソトだけじゃ勝てんよ!

更新日:

2018年10月6日(土) vs 阪神タイガース
 結果:横浜3-4阪神
 敢闘選手賞:ソト

 

■試合結果

理衣が部屋に入ると、結乃がうつぶせの状態で倒れていた。
「結乃っ!? ど、どうしたの!?」
慌てて駆け寄る理衣。
結乃の傍らに膝をつき、助け起こそうとしてハッと、息をのみ込む。
理衣の視線の向けられた先、結乃の手が新聞のテレビ欄に置かれていた。その人差し指が指していたのは。
「・・・・『西郷どん』? え、なんで?」
大河ドラマよ! 大河、タイガー、タイガース!
むくりと起き上がり、いまいましげに先週の新聞紙を踏みつける結乃。

「あーもう、こんな小芝居でもしないとやってらんないわ、本当に!」
「いや、わざわざ先週の新聞を取り出してまでやるほどのことじゃあ・・・・」
「そうでもしないと、言うことが無いのよ! それくらいの試合だったわ!」
「でもほら、ソト選手が同点3ラン!
「あれは確かに凄かったわ。ここで打ってくれ、って場面で本当に打っちゃうんだもんね
敗色濃厚の場面、まさにソト様様ではあったのだが。
「でも結局、一発だけじゃあ勝てないのよね」
しわくちゃになった新聞紙を折りたたんで片付ける結乃。

相変わらず藤浪に手も足も出ない打線! 特に初回、連続フォアボールの藤浪に対し、ロペスがゲッツー!
崩すとしたら立ち上がり、不安定であった藤浪をあっさりと立ち直らせた。
その後はすいすいと7回まで行かれてしまった。
「攻撃陣では筒香選手、ロペス選手がブレーキだったね」
特に筒香、4打席連続三振って、どんだけやる気がないのよ!?」
「いや、やる気があれば打てるもんじゃないよ」
「だとしても、リーグ最低の得点圏打率は事実でしょう?」
「う、それは・・・・」
もちろん筒香とて一生懸命やっているのだろうが、やはり結果が欲しい。
今や期待枠で出ている若手ではないのだから。

「打線もそうだけど、守備もねぇ
結乃の怒りは守備にも向けられる。
「あぁ、大和選手。怪我明けだから、ほら」
「とはいえ、守りなれている筈の甲子園で、大事な試合に。大和のエラーって失点につながるわよねぇ」
シーズン中盤以降は安定していたのだが、ここにきて痛いエラーであった。
「それに外野も。センター乙坂、ライト佐野とか、甲子園でとる守備体形じゃあないわよね。それ以上に打てるならともかくねぇ」
「容赦ないねぇ」

「さて、これでもうCSはなくなったわけだけど」
「まだなくなってないよ!? 巨人さんが負ければ」
「うちが3連勝して、かつ巨人が負ければ、でしょ。もう、なんで阪神は横浜相手にしたときだけ強いのよ
「本当にねえ」
「ていうか、横浜が何の対策もできていないのもどうかと思うけどね。まあ、対策しても実行するだけの力がないと言われればそれまでだけど」
いずれにしても、既に崖から落ちて、崖の縁に片手でつかまっている状態になった。

「とりあえず、これ以上情けない試合を見せないで欲しいわ!」
「残り三試合、良い試合を見せてほしいね」
「そして、来年につなげる試合をね!
「あ、あきらめの台詞・・・・」

とはいえ、まだ終わったわけではない。
本当に終わるその日まで、もっと我武者羅な姿を見せてほしいものである。

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-2018年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-, ,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。