2019年ベイスターズの歩み ベイスターズ

6/19 得点圏で頼りになる大和でサヨナラ勝ち!主軸も見習え!

更新日:

2019年6月19日 日ハム戦
結果:横浜7-6日ハム
敢闘選手賞:大和

 

■試合結果

「やーーーまーーーとーーーー!!」
結乃が叫ぶ。
サヨナラ勝ちーーっ!
やはり歓喜の声をあげる理衣。
二人はハイタッチをかわす。

終盤までもつれた試合。
追いつかれたベイスターズ。
追いついた日ハムに流れはいってしまったかと思われた9回、あっさりと流れを断ち切ったのは大和の一撃。
初戦も貴重な2点2塁打だし、この日はサヨナラ! チャンスに打ってくれると、打率が低くても問題ないわね!
「もともと、守備の方を期待しているところが大きいしね」
もう少し、.250以上打ってくれればとは思うが、今の打線ならチャンスで打ってくれてありがたい。

「この試合も筒香は打点なしだしね。まあ、ランナーおいて回ってこなかったけれど」
「次の試合に期待ということで、ね。この試合では宮崎選手がスタメン復帰、即HRと怪我も問題ないみたいだね!
「なんだかんだ、いつの間にか.270まで打率も上がってきているしね、これからもってあげて欲しいわね」
ソト選手も、ヒットがまたホームラン!
「交流戦、ヒットの数がほぼイコールでホームランじゃない?」
4打席に1安打でも、それがホームランならスタメンに並ぶ意義がある。

「打線はそれなりに打ったけれど、ここにきて神里がピタッと止まったわね
「まだ2,3試合じゃない?」
「交流戦、残りの試合が大事よ。調子が落ちたときにどういう打撃を見せられるかね」
「でも、スタメンに入った桑原選手が2安打! 気温があがって、状態もあがってきたかな?」
「首脳陣の信頼をまだ取り戻せてはいないかもだけど、相手が左の時はスタメンの可能性も増えそうね」
「守備も安心だもんね!」
何度も言うが、センターに桑原がいると安心感が段違いなのである。

「打撃陣に対し、投手陣はちょっと点を取られたわね。飯塚も、もうちょっとなんとかならないのかしら
「4回までは無失点で快調だったのに・・・・」
「点を取られるなってわけじゃないわよ。集中打を浴びて大量点につなげるのをやめてほしいのよね
5回にいきなり3失点というのは印象が悪い。

藤岡投手も、とうとう自責点が!
「まー、それは仕方ないことだけど。それより石田、パットンがまた1失点ずつ。安定感がね」
石田投手、1イニング目は完璧だったのにね」
「2イニング目はいきなり連打だもんね。これだから信頼感がね!」

「試合としては色々あったけれど、とにかく勝ったわ!」
「それが大きいよね!」
「そして3戦目は阪口! 連勝しているから気分的には楽に投げられるかしら?」
「快投を期待したいけどね」
打線の奮起が必要よ! 相手も谷間っぽい? けれど、左腕、どうなるかしらね」
打てそうな投手を打てないのは、横浜打線の得意とするところだ。

「これで、大貫は週末のどこに回るのかしらね?」
「間が空いちゃうよね。今永投手がカード頭なら、2戦目だよね」
「しかし、平良、飯塚、阪口の3枚で3連勝出来たら大きいわ! 狙え、3タテ! そうすれば交流戦も勝ち越し確定よ!
「ソフトバンクさんもジャイアンツさんも負けたから、交流戦の1位も見えてきたね!
「まずは3戦目を取ること、それからよ!」

残り4戦、4連敗したら意味がない。
気を抜かずに勝ちにいけ!

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-2019年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-, ,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。