2020年ベイスターズの歩み ベイスターズ

7/23 DeNA6-0ヤクルト またまた好投の大貫で連敗STOP! 佐野も良いところで打った!

更新日:

2020年7月23日 ヤクルト戦
結果:横浜6-0ヤクルト
敢闘選手賞:大貫、佐野

 

■試合結果

「おーっ! この日は快勝!
拳を振り上げて吠える結乃。
「連敗ストップ、良かったー!」
理衣ももろ手を挙げて喜んでいる。

久しぶりの勝利の立役者はもちろん、先発の大貫である。
「というか、大貫が勝利して以来の勝利ね
「すっごい安定感だね」
「その前は1イニングで降板したのに、何があったのかしらね?」
「この日は7回までノーノーだったもんね!」

特別に凄い球があるわけではないが、制球だろうか。
相手の裏をかいたのか。
いずれにしても凡打の山を築いた。
「これはもう、平良と並んでダブルエースね
「気が早すぎる・・・・」
「まあ、まだ2試合だけど、期待もてるわよね!」
「このままローテ定着を目指したい!」

「その先発大貫を打線も援護できたわ。珍しく連打が出たもんね」
初回はヒットを集中させて3点を先制!
ランナー梶谷以外は各駅停車っていうのがいつも通りではあったけれどね・・・・」
「ま、まあ、それは」
9番投手まで打順が回って、結局は3得点。
本来ならあと1点くらい欲しかったが。

2回以降は高橋に抑えられて、ちょっと嫌な感じだったもんね」
「大貫投手が頑張ってくれていたからよかったけれど、ちょっとね」
「でも投手が変わったところで、なんと戸柱が特大の一発!
「上段まで飛んだねー」
打つと思わなかった選手が打った。

「さらにダメ押しは佐野が2試合連続!
「それもレフトへのホームランは良いよね」
「本当に、ようやく勝ったわね」
「先発投手がリズム良いと、いいよね」
更に大貫は送りバントも1球で決めた。
得点にはならなかったが、こういうのも大きい。

「下位打線の柴田、戸柱、倉本がいずれも2安打したのも驚いたわね」
「下位打線が打つと強いよね」
「まー、代わりに1,2番が冷えてきたけどね。特にソトはずっとノーヒットで、疲れも出てきたかしらね」
「少し休ませるのもありかな?」
オースティンも上がってきたしね」

ここでまた難しい外国人選手問題になる。
中継ぎの二人をどうするのか。
野手をどうするのか。

さらに、攻守で好調な柴田をどうするかにも及んでくる。

「オースティンも、上がって来たとはいえ二軍での実戦もたいしてやってないし、すぐに結果が出るかは怪しいしね」
「うまいこと選手の状況を見極めていきたいね」
「投手陣も、上茶谷があがってきたし、なんか左腕よりも右腕がいい感じになってきたかも?
「これで左腕も状態上がってくれば怖いものなし!」
「そんな簡単なものじゃないけれど、なんとか上がっていきたいわね」

1つの勝ちでこんなにも盛り上がれるのだから、ファンとは現金なものである。

「さあ、ここから連勝よ!
「取り返しましょう!」

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-2020年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-, ,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。