2018年ベイスターズの歩み ベイスターズ

7/28広島戦 野球の借りは野球で返す!京山、好投で鯉封じ!

更新日:

2018年7月28日(土) vs 広島カープ
 結果:横浜9-1広島
 敢闘選手賞:京山

 

■試合結果

初戦、屈辱の1試合2満塁被弾を受けて臨んだ2戦目。
先発は大瀬良vs京山と、不利であることに変わりはない苦しさ。
それでも立ち向かうしかない。赤い悪魔たちの待ち受けるスタジアムで。

京山投手、5勝目おめでとう!
拍手する理衣。
「また6回を投げ切れなかったのよね。そこが課題」
と、言葉では厳しいことを口にするが、結乃の頬も少し緩んでいるように見える。
1安打しか打たれていないけれど、ピンチが多かった気がするね」
「四球、そしてエラーが多かったからね。でも、そこで踏ん張ったのは評価したいわ」
5つの四球というのはいただけないが、ランナーを貯めてもおちついた投球で最小限の失点に抑えたのだ。

「6回も2死まではさくさくいって、6回投げ切れると思ったんだけどね」
「打たれたなら仕方ないと思うけれど、連続四球はいただけないわね。点差も3点あったわけだし」
結局、四球でランナーをためて砂田に交代となってしまったのは反省点。
だが、5回を投げ切って1失点なのだから上出来であろう。
「京山投手には、4月の苦しい時にも助けてもらったよね!」
「結局、今も先発が苦しいからね。この機会にまた1軍で投げて勝ち星を重ねてくれるといいわね」

「中継ぎでは三嶋投手が2イニング投げたね、ちょっとびっくり!」
「まあ、カープ戦ではパットンが相性悪いし、3戦目は雨天中止の可能性が高い、その両方からじゃないかしら?」
「でも、その2イニングをきっちり抑えてくれたっていうのは大きいよね」
「ランナー出したけれど一人ずつだし、ためなければね、初戦みたいに・・・・」
広島打線は弱味を見せると付け込んでくる。
ランナーをためると投球の幅も狭くなるだけに厳しくなる。そのためには無駄な四球を与えないことだろう。
「初戦だって、四球とエラーでランナーたまったところで一発、だからね。それ以外でやられたーって感じがなかったからね」

「打線の方は、やっぱりソト選手!
またホームランだもんね。それも逆転HR、おそれいったわ」
「京山の時は本当によく打つわよね。まあ、ショーマはおまけみたいなもんだったかもしれないけど」
筒香にも久しぶりにタイムリーが出て、ロペス、宮崎も打点が付いた。
先発投手とクリーンナップがちゃんと仕事をすれば、このような試合になるのだ。当たり前だが。

「今日は相手のエラーにもつけこんだし、投手陣も踏ん張ったし、初戦の借りを返せたかしらね」
「3戦目も勝って、倍にして返したいね!」
「雨で中止の可能性高いけれど、勝てば対戦成績も5割になるしね。それにしても、マツダで広島にまともに勝てているの、横浜だけじゃないのかしら?
「横浜はビジターの方がやりやすいのかな?」
「ホームでも勝ってほしいけどね」
狭い横浜スタジアムよりも、安心して投げられるからか? 相手の応援が凄い方が気合の入る、M的気質なのか?<br> まあ、勝ってくれるならなんでもよい。

「3戦目、試合があれば今永投手が先発です!」
「前回は酷い投球だったからね。気持ち良く週明けを迎えるためにも、汚名返上の投球を見せてほしいわね」
2カード連続勝ち越し、いきたいね
カープにまともに勝てるのは横浜と中日しかいないのだ。
勝って、少しでも盛り上げたい。

 

 応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-2018年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-, , ,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。