2018年ベイスターズの歩み ベイスターズ

2018年振り返り #22 そろそろ出てこい!天然右腕 熊原 健人

更新日:

2018年振り返り #22 そろそろ出てこい天然右腕 熊原 健人

 

「結局、一軍登板はなかっわね」
「うーん、熊さん、イケメンなのにね」
「またそれ?」
理衣のイケメン発言に、腕を組んだ姿勢でギョロリとねめつけるように見据える結乃。
「だって、イケメンじゃない」
天然ボケすぎるけどね。まあ、キャラは好きよ」
とは言っても、野球で結果を残してくれないと意味がない。
一軍で登板なかったため、二軍での成績となる。

#22 熊原 健人

当番試合 :  18
投球回数 :  63
防御率  :3.29
勝利   :   2
敗北   :   4
セーブ  :   0
ホールド :   0
奪三振  :  51

ドラ2だけど3年間終わっちゃったわよ! 素材型とはいえ、もうのんびりしていられないからね!
「うーん、伸びなやみ?」
馬力はあると思うんだけど、制球力と、コレというものが欲しい気はするけれど」
「球速はあるけれど、打ちやすいストレートとか言われていたりもしたよね」
「あたしは素人だからよくわからないけれど、肩が開いて見やすいとかも言われていたようないないような?」
いずれにしても、二軍からの推薦が出ないから一軍に上がれなかったわけで。
推薦が出ないということは、何かしらダメ出しをされているわけだ。

「一年目、二年目と、勝ち星は順調に伸ばしているように見えたけど」
勝ち星よりも、内容でしょ。防御率は悪くなっているし、勝った試合も打線の援護に恵まれていたし」
「うーん、厳しい状況ってこと? 一軍登板もなかったし、点数は?」
10点かしらねぇ。1軍に出てこれなかったことを考えると」

「先発ではなく中継ぎ転向という話もあるけれど?」
「そうね、三嶋の例もあるし、短いイニングを全力で、という方でやってみるのもアリね
「結果が出ると良いんだけど」
「なーんか、熊原は何をしているのを見ても心配になるのよね。大丈夫なのかしら? って」
天然で発言もちょっと不安で、球場内でも道に迷ってしまうような熊原。
だが、身体能力は間違いなくあるはずなのだ。
それを上手く使えるよう、コーチングができると良いのだが。

「見ていると、うぅん、頑張れぇって言いたくなっちゃうキャラね」
「文字だと伝わりづらいけれど・・・・」
「頑張れー! って感じじゃないのよね。ドキドキしながら内心の思いがつい声に出てしまうような?」
「なんとなく分かるけれど、熊さん、いつまでもそれじゃあだめだよね」
「独特の間が野球に活きると良いのだけど」
素材型とはいえ、大卒なら3年経ったところで結果を出したい。
2019年は熊原も勝負の年だろう。

「大活躍して人気出て、さらに沢山サイン出来るように頑張って!」
「なぜにサイン?」
「熊原といえば、何回もサインを変えているからね。特に一年目のサインは凄かったわよ!」
「ああ、背番号変わってまた貰いに行ったときに見せたら、本人も何書いているかよくわからなかったという
「コーチも呆れていたしね。そんな天然の熊原を応援したい!」

一年目のサインは貰った方も衝撃的なセンスであった。
今は普通のサインになってちょっと物足りなくも感じてしまうが、そんなネタいらないから野球でネタをくれ、熊原!

 

応援クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク



fam8インフィード広告2×4+5連

-2018年ベイスターズの歩み, ベイスターズ
-,

Copyright© ベイスターズを愛して! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。